不登校の原因になるのは‥?

こんにちは♪^^

以前、こんな記事を書きました。

学校に「行かない」のではなく、「行けない」


では、なぜ「行けない」のでしょうか??

いじめられてるわけじゃないのに、行けない子どももたくさんいます。

そういう子どもたちは怠けている!‥という方もいらっしゃいますが、果たしてそうでしょうか?

家庭の事情で行けない子もたくさんいます。

今回は、そんな家庭の原因についてみてみたいと思います。


例えば、両親の離婚。

もし、仲がいいと思っていた両親が突然離婚したら、子どもにとってどれだけショックなことでしょう。

 

いきなり、どっちか片親としか暮らせなくなる‥。

 

そんな環境の変化は、子どもにとっては大人が思っている以上にストレスになります。

そのストレスで、うつっぽくなってしまうお子さんもいます。

子どもは大人が思うほど子どもではありませんが、

子ども時代の心はとても敏感です。

親が離婚したストレスからうつ‥結果、学校に行けなくなるという症状が出ることも珍しくありません。

そういった原因を一緒に探していくのがカウンセラーの役割です^^

もし、お子さんが理由が分からずに学校に行けなくて苦しんでいたら、

まずは一歩、親御さんから踏み出してみるのも解決への近道になります。

どうか、お子さんのSOSを見逃さないでくださいね。

 

 

‥ちなみに、離婚がダメと言っているわけではないので、誤解のないようお願い致します<(_ _*)>

Follow me!